unicefキャンパス

  1. HOME
  2. unicefキャンパス
  3. イベントを企画する

イベントを企画する

自分でイベントを企画することもできます。

(一財)全日本大学サッカー連盟の学生たちとエスコートキッズ
©JUFA

  • オープンキャンパスや大学祭を活用する

    文化祭実行委員会やサークル、有志メンバーなどでユニセフ展示や模擬店販売、募金箱を設置する、など考えてみましょう。必ず大学に了解を取ってから、実施してください。

  • ラブ・ウォーク

    参加費から実費を差し引いた額がユニセフ募金になり、開発途上国の子どもたちのために役立てられるユニセフ・ラブウォーク。歩くことで“健康づくり”をするとともにユニセフ募金をしよう、という楽しいイベントです。日本では1983年に始まりました。お散歩サークルやランニングサークルのみなさん、ラブウォークやラブ・ラン(RUN/走る)を主催してみませんか?また、毎年春には東京で中央大会が開かれます。

    ラブウォークの実施についてはこちら

    2018年ユニセフ・ラブ・ウォーク開催報告は
    こちら

  • バザーや物品販売

    古本や古着などの回収を呼びかけてバザーを開いて収益をユニセフ募金にする、自分たちでアクセサリーやお菓子をつくって販売した収益を募金する、ダンスイベントの会場でオリジナルチャリティーTシャツを販売する、などユニークな活動も報告されています。みなさんのアイディア次第で、楽しくユニセフ募金に協力することができます。

  • チャリティーコンサート

    クラシック、ポップス、歌など、あらゆるジャンルのコンサートを通じてユニセフ・チャリティーにご協力を頂いています。チケットの売上の一部をユニセフ募金としたり、会場に募金箱やユニセフ紹介コーナーを設置するなどご協力の方法は様々です。

  • 「記念日」に合わせてイベントを実施する

    毎年10月19日の「世界手洗いの日」、11月19日の「世界トイレの日」、5月5日の「こどもの日」など、ユニセフと関係のある日に合わせてイベントを企画することもできます。年間を通して、たくさんの記念日があるので、ぜひ調べてみましょう。

イベント事例