日本ユニセフ協会TOP >  「日本の人間の安全保障」指標 発表記念シンポジウム 12月15日(土)13時〜17時 ユニセフハウス(東京都港区)

「日本の人間の安全保障」指標
発表記念シンポジウム
12月15日(土)13時〜17時
ユニセフハウス(東京都港区)


NPO法人「人間の安全保障」フォーラムと公益財団法人日本ユニセフ協会は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が目指す「誰も置き去りにしない社会」の実現のため、各界の専門家の協力を得て、子ども、女性、若者、高齢者、障がい者、被災者などの抱える課題、実態を可視化した「日本の人間の安全保障に関する指標」をまとめました。

この指標の発表を記念し、本シンポジウムを開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

※当日はパソコン文字通訳が用意されます。お手伝いが必要な方は、お申込フォームの自由記入欄にお書き添えください。

プログラム

開会の挨拶 赤松良子(日本ユニセフ協会会長)
第1部 「日本の人間安全保障指標」の発表
  プロジェクトチームの報告:
・高須幸雄 (国連事務総長特別顧問)
・川村真也(中部大学研究員)
・武藤亜子(国際協力機構JICA研究所主任研究員)

コメンテーター:
・峯陽一(同志社大学教授)

第2部 パネル討論「誰も取り残さないために何をすべきか」
第1セッション:子ども、女性、若者 モデレーター:
・近藤哲生(国連開発計画駐日代表)

プロジェクトチームの報告:
・髙橋愛子(日本ユニセフ協会)
・石本めぐみ(ウイメンズアイ代表理事)
・大久保勝仁(ジャパン・ユース・プラットフォーム・フォー・サステイナビリティ運営委員会理事)

コメンテーター:
・子どもの権利と尊厳:大谷美紀子(国連子どもの権利委員会委員・弁護士)
・女性に対する格差、差別:有馬真喜子(国連ウイメン日本協会理事長)

第2セッション:高齢者、障がい者、LGBT, 被災者、外国人 モデレーター:
・栗栖薫子(人間の安全保障学会会長)

プロジェクトチームの報告:
・佐々木諭(創価大学教授)
・勝又幸子(ヒューネットアカデミー代表理事)
・林夏生(富山大学准教授)
・山崎真帆(一橋大学、HSF事務局員)
・明石純一(筑波大学准教授)

コメンテーター:支援活動から見たSDGs
・稲場雅紀(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)

閉会の挨拶 山下晋司(HSF理事長)

開催概要

日時 2018年12月15日(土) 13:00−17:00 (12:30開場)
会場 ユニセフハウス (東京都港区高輪4-6-12) 1階ホール

最寄り駅
JR 品川駅西口(高輪口)より徒歩約 7 分
都営浅草線 高輪台駅より 徒歩約 7 分
アクセス
主催 「人間の安全保障」フォーラム(HSF)
日本ユニセフ協会
後援 人間の安全保障学会
日本国際交流センター
SDGs市民社会ネットワーク
備考 ※ 先着順に受付けいたします。定員に達した場合は、募集を打ち切る場合がございます。
※ 本報告会は、報道機関による取材・撮影ならびに当協会の記録撮影が予定されております。予めご了承ください。
個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。

こちらの申込フォームに必要事項をご入力ください。お手続き完了後、「受付完了メール」をお送りします。

  報告会名 開催日時 開催地 会場 締切日
「日本の人間の安全保障」指標発表記念シンポ
2018年12月15日13:00 東京 ユニセフハウス 2018年12月14日

お問い合わせ

(公財)日本ユニセフ協会 広報室

電話 03-5789-2016(平日9:00〜17:00)/ FAX:03-5789-2036

Eメール:event@unicef.or.jp