メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

レバノン冬の嵐
子どもたちを襲う強風、雪、洪水 命を守る支援を提供

【2019年1月17日  ベイルート(レバノン)発】

レバノンを襲った最近の冬の嵐の影響を受けて、弱い立場にある子どもたち、特に難民の子どもたちが、保護と暖を必要としています。

子どもたちを襲う強風、雪、洪水

On 10 January 2019 in Baalbeck, Lebanon, Syrian refugees living in informal tented settlements in Ersal struggle with dire conditions that have worsened after a strong storm hit Lebanon on 6 January. Lebanon was affected by a heavy storm that started on 6 January 2019 and lasted until 9 January. Heavy rain, strong wind, snow and cold temperature led to floods, loss and destruction of assets and displacements in many regions, especially affecting coastal and mountain areas. Informal settlements where refugees reside were particularly affected due to weak infrastructure. In close coordination with Inter-agency and the government, UNICEF with partners started immediate response especially in WASH and distribution of blankets and winter clothes for children, and other supplies. As 10 January 2019, Inter-agency estimates that over 11,300 people, over half of them children, in more than 360 sites have been affected. UNICEF and partners are preparing for another storm expected on 13 January.

© UNICEF/UN0272694/Haidar

冬の嵐に襲われたレバノンで、厳しい環境におかれているシリア難民の男の子。(2019年1月10日撮影)

ユニセフ(国連児童基金)とパートナー団体は直ちに、レバノン当局や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの国連機関と調整しながら、影響を受けた子どもたちと家族が必要とする支援を届けました。

ユニセフの支援には、現金給付、給水・排水などの水と衛生分野のサービス、毛布7,000枚以上や子どもの冬服5,500着、さらに家族や女性のための衛生キット1,500セットが含まれます。

レバノン国内の570カ所以上が、強風、雪、土砂降りの雨に見舞われ、そのうち非公式の居住地11カ所が洪水の被害を受けました。冬の嵐の影響を受けているのは1万1,300人以上、その半数以上が子どもです。

避難生活を送る子どもと家族は、厳しい天候に見舞われる前から不安定な状況にあるため、最も悲惨な状況にあります。ベッカー高原だけでも、少なくとも847人のシリア難民が、洪水に遭い、仮設住居が破損したために移転を余儀なくされました。北部では、これまでに700件以上の移転が報告されています。

レバノン東部のベカー県で、冬服を含む支援物資をユニセフから受け取ったシリア難民の人たち。(2019年1月11日撮影)

© UNICEF/UN0273195/Haidar

レバノン東部のベカー県で、冬服を含む支援物資をユニセフから受け取ったシリア難民の人たち。(2019年1月11日撮影)

「影響を受ける地域で苦難を抱える子どもたちが増えています」とユニセフ・レバノン事務所副代表のバイオレット・スピーク・ワーネリー(Violet Speek-Warnery)は述べました。「過去10日間、ユニセフは6,000人以上の難民の子どもたちに緊急支援を届けることが出来ました。ユニセフのチームはパートナー団体と協力して、子どもたちが真に必要としている支援を届け、彼らが暖かく過ごせるようにするために、24時間体制で活動しています」

 

【補足情報】

ユニセフは現地のパートナー団体と協力し、子どもたちと家族の増え続ける支援ニーズに対応し続けていきます。ユニセフはこれまでに、影響を受けた60カ所以上で給水・排水を行い、ベカー県、北レバノン県、ベイルート県、山岳レバノン県、および影響を受けたレバノン南部の地域に対して、命を守る支援物資を届けました。ユニセフの現地のパートナー団体は、病気の集団発生を防ぐために、保健・栄養・衛生分野のニーズのモニターも行っています。


トップページへ先頭に戻る