メニューをスキップ
HOME > パートナー > 協力企業・団体 > 団体による協力の事例 > ボーイスカウト・ガールスカウトによるご協力事例
公益財団法人日本ユニセフ協会

パートナー 協力企業・団体

ボーイスカウト・ガールスカウトによるご協力事例

全国のボーイスカウト・ガールスカウトから、毎年12月を中心として実施されているハンド・イン・ハンド等の街頭募金によるご協力をいただいています。又、ハンド・イン・ハンド中央大会やラブウォーク、当協会地域組織が主催する行事など、様々なイベントにも多くのご協力をいただいています。

ユニセフ募金活動を始めてからだいぶ長い年月がたちます。地域の皆様よりいただいた募金は、毎年感謝の気持ちをこめて町の広報でご報告しています。ここ最近は、バザー形式をとりいれて、団員の家族・リーダーより出していただいた品物と交換でお金を募金箱に入れていただいています。今年はさらに、スカウト達の手作りクッキーとクラフト(貝のかざり)をバザー品にとりいれました。募金してくださった皆様にはユニセフの資料を手渡して、ユニセフを知っていただくようにしています。これからもずっとこの活動を続けていきたいと思います。

ガールスカウト山形県第4団

ハンド・イン・ハンドにご協力いただいた団からご報告を紹介させていただきます。

事前にユニセフを調べて発表し、その後ビデオ「なぜユニセフ募金なの」と「ユニセフと地球のともだち」を見て募金の意味を確認して実施しました。OBスカウトも募金してくれて後輩ががんばっている姿にエールを送ってもらいました。

日本ボーイスカウト大分県連盟 大分第1団

今年初めて「ハンド・イン・ハンド」に参加しました。「子ども達による募金は、世界の子ども達に生かされるべきではないか」という団会議での提案によるものでした。寒風の吹き荒れる中、スカウト達は大きな声でがんばってくれました。

日本ボーイスカウト宮崎連盟 宮崎第3団

ユニセフ募金を知らない人もいるのでたくさんの人に知ってもらいたいと考えましたが、募金活動をしていてかなりの人が募金のことを知っていると感じました。小さい子からお年寄りまでたくさんの人に協力していただきました。中には「がんばって!」といってくださる方や私達のことをずーっと見ていて気にして募金してくださる方もいました。とても嬉しく思い来年もまた募金活動をしたいと思います。

ガールスカウト神奈川県第102団

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る