メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会
HOME > ユニセフについて > ユニセフの主な活動分野 > 教育 > 緊急支援時の教育 公益財団法人 日本ユニセフ協会

ユニセフの主な活動分野|教育
ユニセフの主な活動分野
教育

緊急支援時の教育

© UNICEF/UN043607/Khuzaie 紛争によって破壊された学校の教室
(イラク・ファルージャ)

紛争や自然災害などの緊急事態で、子どもは最も影響を受けやすい存在です。そして緊急事態下や復興に向けた社会のなかで、子どもたちの教育は後回しにされがちです。しかし、教育は子どもの基本的な人権というだけではなく、緊急事態下の国や地域社会の再建を後押しする、大きな力になります。

ユニセフは被害を受けた校舎の修繕や臨時の学校を設け、教科書やノート、文具などを含む教育キットを提供し、緊急時でも教育を可能にしています。また、子どもたちの心のケアの一環として、安全に遊べる場所を提供し、スポーツや遊びを可能にするレクレーションキットの配布、カウンセラーの派遣も実施しています。

なぜ緊急時に教育が必要?

紛争や災害などの緊急事態は子どもたちの生活を一変させ、心身の健康や発達・成長にさまざまな影響をもたらし、時には心に大きな傷をあたえます。そのような緊急事態下に、教育がもたらす効果は多岐にわたります。

  • 学校に通うことで、守られた環境でケアを受けることができる。
  • 拉致、搾取、武装勢力に徴用から子どもたちを守ることができる。
  • 危険から身を守る方法、病気の予防や適切な衛生習慣などの知識を得ることができる。
  • 友達との交流の場や心のケアを通じて、心の傷を乗り越える手助けになる。ⅱ)
  • 「日常」を取り戻し、普段の穏やかな感情に戻ることができる、緊急事態下の心の癒し場所になる。
  • 子どもが学校に通うことで、両親は生活を立て直すために時間を費やすことができる。
  • 長期的には、教育を受けた子どもたちが紛争や被災後の社会の形成に、重要な役割を担うことができる。

「子どもにやさしい空間」ⅰ

ユニセフは緊急事態下で避難民施設などにいち早く「子どもにやさしい空間」を設置しています。緊急時、子どもたちは恐怖や喪失の体験、危険な状態からの避難、避難先での不自由な生活など、多くの困難に直面します。「子どもにやさしい空間」とは、子どもたちが安全に安心して過ごすことのできる学びや遊びの場です。子どもが子どもらしくいられることは、心身の健全な成長にとって重要であり、学校や遊びの場などの「日常」を提供することは、食糧や飲料水、医薬品の支援と同様に大切です。

主要データ

  • 世界の6歳から15歳の子どもの人口の22%にあたる2,500万人が、紛争下にある22カ国において学校に通っていない。ⅱ
  • 中東・北アフリカの9カ国(シリア、イラク、レバノン、ヨルダン、トルコ、イエメン、リビア、スーダン、パレスチナ)では、急増する紛争や政治的混乱によって、2015年時点、学齢期の子どもの40%にあたる1,300万人以上の子どもたちが、学校に通う機会を奪われている。ⅲ
  • シリアでは、紛争の拡大が、子どもたちの教育に暗い影を落としている。学校通っていない子どもの数は、2012年時点の30万人から、2016年には170万人以上となった。3校に1校は、破壊、損壊、あるいは避難民の避難場所となっていて、学校としての機能を果たせない。2016年には、学校や教育関係者に対する攻撃が少なくとも87件報告されており、255人以上の子どもたちが、校内あるいは学校周辺で殺害された。ⅳ
ⅰ)
「子どもにやさしい空間」ガイドブック改訂版 >>
ⅱ)
https://www.unicef.or.jp/news/2017/0142.html >>
ⅲ)
ユニセフ 中東・北アフリカ地域事務所 報告書『戦火の中の教育』発表(2015年9月3日) >>
ⅳ)
Hitting Rock Bottom - How 2016 Became the Worst >>

(2017年7月更新)

テントの学校

緊急事態発生後、子どもたちがいち早く再び学校に通うことができるよう、ユニセフはテントの仮設学校の設置を行っています。写真は南スーダンの紛争で避難している子どもたちのために、設置したテントの学校。

学用品の配布

緊急事態で持ち物を失った子どもたちも再び学ぶことができるよう、ノートやペンなどの文具が入った通学用かばんを提供しています。写真はシリアで行われた「学校に戻ろうキャンペーン」で配布された学用品の中身を見る、小学校1年生の男の子。

子どもにやさしい空間

フィリピン台風による甚大な被害が出たタクロバンに設置された「子どもにやさしい空間」のでお絵かきをする子どもたち。心のケアやレクレーション活動を実施。

ページトップへ